湯河原温泉で癒す・日帰り温泉・マッサージ・エステ
足湯
万葉公園 足湯施設『独歩の湯』 足湯
電話 0465-64-2326
住所 湯河原町宮上704
万葉公園内
営業時間 10:00〜18:00
(11月〜2月は17時閉園)
定休日 毎月最終木曜日

  独歩の湯公式ブログ

  独歩の湯(観光協会HP)

  独歩の湯(湯河原町HP)


湯河原駅から温泉場面へ約10分、バス停「落合橋」下車 観光会館に駐車場あり 観光会館から徒歩5分ほど万葉公園内を歩きます。
日帰り温泉
こごめの湯 日帰り温泉
電話 0465-63-6944
営業時間 9時00分〜21時00分
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
浴場施設料 大人1000円・小人(12才未満)500円
施設
大浴場・サウナ・露天風呂(各々男湯・女湯)
大広間(休憩用40畳)、喫茶室、和室(お茶室)

  『温泉みしゅらん』参照

湯河原駅より温泉場行きバス
「公園入口」下車

ままねの湯 日帰り温泉
電話 0465-62-2206
営業時間 9時00分〜17時00分
休館日 10日・20日・30日

  『温泉みしゅらん』参照

湯河原駅より温泉場行きバス
「温泉場中央」下車

ゆとろ嵯峨沢の湯 日帰り温泉
電話 0465-62-2688
営業時間 10時30分〜23時
休館日 木曜日
浴場施設料 大人1350円
住所 湯河原町吉浜1191
露天風呂から相模湾が一望できる日帰り専門温泉施設。 湯河原海岸から車で3分ほどの高台に立ち、男女異なる趣向の露天風呂には、サウナ感覚で楽しめる洞窟風呂や高さ4mの大滝、気泡の湯があります。 また、神奈川県初の許可を受けた飲泉コーナーもあります。 施設内の食事どころでは、地元の漁港から水揚げされる新鮮な魚介類を食材にしたお料理で、1日中ゆったりとお楽しみ頂けます。
湯河原駅より天保山行きバス
「嵯峨沢」下車徒歩5分


日帰り入浴利用が出来る温泉旅館
マッサージ・エステ
カイロプラクティック「温心堂」 カイロプラクティック
電話 0465-63-9260
住所 湯河原町土肥4-1-22
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日・祝日・月曜日


湯河原駅より徒歩5分
Hill side GOLD Facial SALON フェイシャルエステ
電話 0465-63-0080
住所 湯河原町宮上446-1
営業時間 11:00〜19:00 
要予約(時間外ご予約も可能)
定休日 日・月曜日
ハワイ・ハリウッド・ラスベガス ニューヨーク・ヨーロッパ・アジアを始め 世界一流のスパで導入されている 『UMO 24金GOLDフェイシャルトリートメント』 そのGOLDフェイシャルトリートメント専門サロンが 日本・湯河原に誕生しました。

湯河原駅より温泉場方面 バス停「道中」下車 駐車場あり

※提携の温泉旅館(ホテル東横など)お部屋への派遣施術可



How to 温泉療養

@温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とすること。その後は1日あたり2回ないし3回までとすること。
A温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
B温泉療養開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴湯反応)が現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。
C以上のほか入浴には次の諸点について注意すること。
(1)入浴時間は、入浴時間により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるにしたがって延長してもよい。
(2)入浴中は、運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
(3)入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない(湯ただれを起こしやすい人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい。)
(4)入浴後は、湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
(5)熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
(6)食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
(7)飲酒しての入浴は特に注意する。

このページのトップに戻る